四方山日記

ゲームと音楽と食べ物の話がメイン

自家製うどん 天羽 ちく天温玉ぶっかけ定食を食べた

f:id:omoeraku:20170717123859j:plain

f:id:omoeraku:20170717123911j:plain

f:id:omoeraku:20170717123920j:plain

f:id:omoeraku:20170717123931j:plain

泉佐野にある自家製うどん 天羽に訪問。

泉佐野まで遊びに出てたところ、うどんが食べたくなって検索したら

この店がヒットした。

 

注文したのは「ちく天温玉ぶっかけ定食」。

ちく天温玉ぶっかけ+かやくご飯が付くらしいが、かやくご飯が売り

切れのため白ご飯になった。

 

うどんは非常に腰がある。噛み応えがあり、強く何度も咀嚼する必要

がある。今まで食べてきたうどんの中でもかなり腰が強い。ここまで

腰が強いと好みがわかれるかもしれない。

 

ちく天は大きくよく揚げられていて、甘みのある揚げ物になっている。

温玉は身が固まっている部分もあり、もっと丁寧に作って欲しい。

 

この料理の最大のマイナス点はぶっかけつゆ。

つゆが塩っ辛く、つゆを付けたうどんをあまり食べたくないと思って

しまうぐらい。しかも、つゆの量を自分で調整できるならまだしも、

多量のつゆが最初から掛けられている。

このつゆが全てを覆すほど味を悪くしているのが残念。

 

うどんは腰が強いのでカレーうどんなどの温かいうどんの方が合って

いると思う。

麺匠 パスタバカ一代 スパゲッティトマトソース 水牛のモッツァレラチーズとバジル 贅沢パスタコースを食べた

f:id:omoeraku:20170717111126j:plain

f:id:omoeraku:20170717111136j:plain

f:id:omoeraku:20170717111146j:plain

f:id:omoeraku:20170717111157j:plain

f:id:omoeraku:20170717111207j:plain

f:id:omoeraku:20170717111217j:plain

四ツ橋駅近くにある麺匠 パスタバカ一代を訪問。

 

パスタ専門店のため10種類を越える麺の種類がある。

スパゲッティが一番メニューの種類は豊富だが、他にもピーチ・タリア

テッレ・タリオリーニ・トロッフィエなどがある。

 

今回注文したのはスパゲッティの中から「トマトソース 水牛のモッツァ

レラチーズとバジル」 1500円、さらに前菜・デザート・ドリンクを付け

ることができる「贅沢パスタコース」+750円とともに注文。

合計 2250円。ちょっと高いと感じる値段だなぁ。

 

まずは前菜

・ミニシーザーサラダ

・パンプキンのスープ

・キッシュ

・ハム

キッシュのほのかな甘味とパンプキンスープの爽やかな甘味が良かった。

 

次にメイン

・トマトソース 水牛のモッツァレラチーズとバジル

・フォカッチャ

やってきたパスタは量が結構多め。

トマトソースは美味しいし、スパゲティの湯で加減も良いんだけど

チーズがイマイチでやや塩気が強い。トマトの酸味によってより強

く感じただけかなぁ・・・。

 

デザート

・バウンドケーキ

・プリン

・アイスクリーム

の3種。特に特筆すべきところはなく、美味しくもなく不味くもない

普通のデザート。

 

もし再来店する機会があれば、別のパスタを注文したい。

坂町の天丼 天丼と赤だしを食べた

f:id:omoeraku:20170709104021j:plain

f:id:omoeraku:20170709104031j:plain

f:id:omoeraku:20170709104040j:plain

法善寺にある坂町の天丼に訪問した。

狭い店舗ではあるが昔ながらの老舗の天丼屋になり、メニューも天丼

とかき揚げ丼と赤だしの3種類のみ。

 

訪問した日はかき揚げ丼が売り切れていたため、天丼 650円と赤だし

50円を注文。のり天は予め揚げられてて、注文されると海老を揚げ始

める。海老を揚げるだけで調理完了になるので、5分もすれば天丼が

目の前に置かれる。早い。

 

天丼は海老天が3尾とのり天。

御椀の大きさに比べて具はやや寂しい量ではあるが、値段を考えれば

相応なんだろう。普通に食べていれば天ぷらがなくなって、最後は天

つゆご飯を食べるだけになってしまう。

海老天の種の質はそこそこ、揚げ方はいまいち。値段と暖簾のくぐり

易さで勝負する大衆店だから仕方がないとは思う。

ちなみに赤だしは濃い目。

 

早く安く天丼を食べたいならいいかもしれないが、美味しい天丼を食

べたいならわざわざ行く店ではないかなぁ。

うどん小屋 柔製麺 まぜてカレー玉子とじかすセットを食べた

f:id:omoeraku:20170702201812j:plain

f:id:omoeraku:20170702201822j:plain

f:id:omoeraku:20170702201832j:plain

f:id:omoeraku:20170702201841j:plain

f:id:omoeraku:20170702201853j:plain

我孫子にある「うどん小屋 柔製麺 」に訪問。

というのも、テレビで今回食べたまぜてカレー玉子とじかすセットが

放送されていて、美味しそうだなと思ったので我孫子まで足を運んだ。

 

テレビ放送の影響かお昼時はほぼ満席状態が続いていた。

店側もテレビの影響が大きいと判断したのか、テレビ放映後5日間は期

間限定で4種類のメニューのみに絞った販売を行っていた。

・まぜてカレー玉子とじかすセット 980円

・冷やしすだちうどん 740円

・ざるうどん 600円

・鶏天ざるうどん 810円

 

皿の底にはカレーが入れられており、その上にうどんを入れ、さらに

その上からかす入り玉子あんかけが掛けられたうどん。

知らずに混ぜてしまうと薄いカレーうどんが出来てしまう。

うどんは讃岐風の大阪うどん。

 

玉子あんかけは鰹出汁のあんかけ。カレーと混ざることを見越してか

やや薄味。あんとうどんを一緒に食べるのは満足感に欠ける。

そのため最初は玉子スープよろしくひたすら飲み、時々うどんになる。

ある程度あんが減ってくると、うどんを底からさらってカレーうどん

にする。

あんかけを食べてるときは正直イマイチだと思っていたが、最後に出

てきたカレーが美味しい。スパイシーで辛め。個人的好みど真ん中。

カレーうどんを食べ、最後はご飯を入れてカレーライスで締め。

 

カレーを使った料理はまだ何品かあるので、これだけのために再訪問し

たいと思った。

 

旬菜 喜いち に訪問

f:id:omoeraku:20170702200648j:plain

f:id:omoeraku:20170702200348j:plain

f:id:omoeraku:20170702200358j:plain

f:id:omoeraku:20170702200411j:plain

f:id:omoeraku:20170702200421j:plain

f:id:omoeraku:20170702200430j:plain

f:id:omoeraku:20170702200439j:plain

f:id:omoeraku:20170702200450j:plain

f:id:omoeraku:20170702200459j:plain

 

東大阪市吉田の小料理屋 旬菜 喜いち

 

東大阪は吉田にある居酒屋の旬菜 喜いちに訪問。

魚料理が中心だが、肉料理や野菜料理もあるので魚料理が苦手な人も

楽しめるお店。

 

色々注文したが写真に撮ったのは

・からすみ

湯葉餃子

・カキフライ

・鱧の天ぷら

・海老の天ぷら

・ローストビーフ

・蟹茶碗蒸し

・ミニステーキ

他にも何品か頼んだが、3人で23000円ぐらだった。

一品々々が値段に対して少量だと感じる。

 

味は一品、一品丁寧に作られていて、細やかなところに気遣いを感じる。

特に揚げ物は美味しかった。

 ただネタは良い物の中にイマイチな物も使われている。

とはいえ、料理屋としては美味しい居酒屋だと思う。

舟にのってやって来た魔女Carry 魔女カレー&ミルフィーユカツ 大盛を食べた

f:id:omoeraku:20170625164956j:plain

f:id:omoeraku:20170625165007j:plain

f:id:omoeraku:20170625165017j:plain

f:id:omoeraku:20170625165027j:plain

f:id:omoeraku:20170625165037j:plain

f:id:omoeraku:20170625165047j:plain

東大阪は吉田にある舟にのってやって来た魔女Carryに訪問。

 

お店というよりも住宅や事務所みたいな店構えで、店内も独特な雰囲気。

調理場と客席が完全に分かれておらず、仕切りで隠れているだけだった

のはびっくりした。

 

注文したのは魔女カレー&ミルフィーユカツ 大盛。ご飯の大盛はサービ

スだったみたい。税込み1728円。

出てきたのは真ん中に半熟スクランブルエッグを置き、その周りに古代

米を入れてルーを掛けた日本式カレー。ルー自体はスパイスはそれほど

強くなく、辛さも強くない一般的なカレー。ミルフィーユカツはカラっ

と揚げられている。

昆布と一緒に漬けたキュウリの浅漬けも付いてくる。

 

デザートには杏仁豆腐。食後のコーヒーとしてエスプレッソ風のブラッ

クコーヒーが出される。オーナーのこだわりみたい。

 

女性一人が調理・給仕を兼ねているが、この女性がおしゃべり好きで食

事中もあれやこれやと話を振ってきて楽しく食事できる。

ただ、食事中は一人でじっくり食べたいって人はあまり向いていないお

店かもしれない。

とん亭 ヘレミックス(エビフライ+カニコロッケ)定食を食べた

f:id:omoeraku:20170618144421j:plain

f:id:omoeraku:20170618144432j:plain

f:id:omoeraku:20170618144444j:plain

f:id:omoeraku:20170618144457j:plain

寺田町にあるとんかつ屋トン亭に訪問。天丼屋 たま天の横にある。

店内は細長いL字のカウンターのみのお店。どちらかというと、馴染み客が

多い店だと思う。店内は夫婦二代で調理してるのかな?

店主が調理を、奥さんが補助を、娘さんが給仕を、旦那さんが下拵えをして

いる。

 

注文したのはヘレミックス定食。ヘレカツ+カニコロッケ、エビフライ、イ

カフライから2種類選ぶことができるので、カニコロッケとエビフライを注文。

税込み1550円。

 

ヘレカツは少し高めの温度で揚げてるからかカリっとした揚げ方になっている。

肉はそこそこ良い肉を使っており、下拵えはきちんとされていて、衣に甘味が

ある。ソースは2種類、オニオンソースとフルーティーなとんかつソース。オ

ニオンは酸味が強すぎてとんかつの味が全部消えるから好みじゃなかった。

 

エビフライは大振りで、カニコロッケはたまねぎの甘味が強くて美味しい。

赤だしは濃い目で山椒が入っている。

 

全体的に平均以上で、美味しいトンカツ屋だった。