読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

四方山日記

ゲームと音楽と食べ物の話がメイン

かどや食堂 しらす丼とうどんの定食を食べた

f:id:omoeraku:20170425212835j:plain

f:id:omoeraku:20170425212852j:plain

f:id:omoeraku:20170425212918j:plain

和歌山県湯浅町にある生しらす丼で有名なかどや食堂に訪問。

湯浅駅のすぐそばとはいえ、和歌山らしい閑散とした街中にぽつんとある

お店なのに食べログ効果か店前には並ぶ人が結構いた。

 

しらす丼はすぐに売り切れてしまうらしく、訪問した12時すぎにはしら

す丼しかなかったので、しらす丼とうどんの定食を、通常は小しらす丼

ところ+100円で大しらす丼へ変更できるので大しらす丼で注文。

 

出てきたのはしらす丼、うどん、一品のおでん、漬物。

おでんは冷めた状態で出てくるかと思うと温い状態で出された。美味しく

も不味くもない普通のおでん。

うどんは美味しくない。水っぽい、コシがない、ツユが市販のもの。お金

を払ってまで食べたくないうどん。

しらす丼は普通のしらすより雑味がないしらすだった。とはいえ、雑味を

除けば普通のしらすほどそれほど変わらない。

 

生しらすを食べてないが、総じて人気店なのが不思議な店という感想。

訪問して残念な気持ちになった。