読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

四方山日記

ゲームと音楽と食べ物の話がメイン

四川辣麺 成都坦々麺を食べた

f:id:omoeraku:20160522142806j:plain

f:id:omoeraku:20160521202628j:plain

f:id:omoeraku:20160521202648j:plain

京橋にある四川辣麺を訪問。

成都坦々麺といわれる激辛坦々麺と四川麻婆飯のハーフを注文。

成都坦々麺は890円。一日限定50食。

四川麻婆飯のハーフは320円。

 

テーブルには10種を超える調味料があり、自分の好きな様に味付けができる。

味付けにこだわりのある人、更なる辛さを求める人はこれらの調味料を使用し

て好みの味付けができるようになっている。

どうも成都坦々麺より別メニューの麻辣麺の方が辛いらしい。機会があればそ

ちらも挑戦してみたい。

 

成都坦々麺は美味しかった。

辛さは丁度よい。ココ壱だと3辛ぐらいの辛さ。辛いだけのスープじゃなく坦

々麺独特のコクのあるスープ。そして、その中には程よい細めん。

具には角煮のチャーシュー・チンゲン菜・挽肉・ネギと基本をおさえた具材。

それぞれが非常にバランスが取れていた。

ちなみにデザートとして冷凍ライチが付いてくる。口直しになる。

 

四川麻婆飯はイマイチ。

ラー油でベトベトになっているだけの美味しくない麻婆豆腐。自分で調味料

を使って味を調え、辛くしてやっと食べられるようになった。

 

もう一度訪問したいと思える味だった。麻辣麺も気になるので近いうちに訪

問するかもしれない。